自分に合ったヘアスタイルの診断方法

ヘアスタイルの自己診断で気分転換の近道を

気分転換はまずヘアチェンジ

どんなヘアスタイルが似合うのかを調べようとするとまず長さから考えますよね。 自分にはどれくらいの髪の長さが似合うのか。 意外とずっと同じくらいの長さを続けている方も多いのでは? そういった人はイメチェンも含めバッサリと切ってみるのもいいのかも。 似合う長さ一緒に考えてみませんか?

自分に似合う髪の長さは何で決まる

季節の変わり目や気分を変えたいときなど、女性は無性にヘアスタイルを変えたくなる時ってありますよね。
そういった時、すぐにヘアサロンへ行き馴染みのスタイリストの方と相談出来るような環境にあればいいですが、特に決まったヘアサロンも無ければ、馴染みのスタイリストもいないとなれば、とりあえず雑誌を見たり、ネットで画像を検索してみて、どのような髪型にしようか考える方が多いと思います。
ただ、自分の事は自分が一番知っているとはいうものの、自分にどんな髪型が似合うとか、どういったカラーリングが合っているなど、わりと分からないことだらけだと思いませんか?
よく好きと似合うとは別物だといいますよね。
こんな髪型にしたいからと雑誌のモデルさんの写真を見せても、出来上がったら思っていたのと違うなんていうこともよくある話です。
もちろんそれは似合っているかどうか以前の問題でそもそもそういったものは髪質が違うから同じようには出来上がらないものなのです。
カラーリングもどういった色のものが自分に映えるのかなんて、考えた事もないのではないでしょうか。
夏は明るめ、冬は暗めといったくらいで、こんな色が似合うとか実はよく分からないですよね。

では、自分はどういった髪型が似合うのか、ショートなのかミディアムなのか。
カラーリングはどういった色が似合うのか。
自分で少し分かれば、ヘアスタイルを変えるときにヘアサロンでのカウンセリングも楽になるはず。
少し考えていってみましょう。

顔のかたちも重要

髪の長さの似合う似合わないの次は顔のかたちです。 顔のかたちによっても似合うヘアスタイルが変わってきます。 顔のかたちも個性のひとつなのですけど、コンプレックスがある方もいらっしゃると思います。 でもそれをヘアスタイルでカバー出来たら素敵ですよね。 自分の顔のかたちに似合う理想のヘアスタイル探しましょう。

カラーリングの話

髪の長さや顔のかたちはなんとなく分かるけど、意外と分からないのが自分に似合うカラーリングの色ですよね。 自分がやってみたい髪の色の感じはあっても実際仕上がったらなんだか違うなぁっていうのもよくある話です。 何を基準に似合う似合わない色ってあるのでしょう。 知ってるようで知らないカラーリングの話です。